自由の狭間で



自由の象徴といえばアメリカ大陸です。 アメリカはどんな人種でも出身でも、実力次第で好きな人生を勝ち取ることができるイメージがあります。 その反面で知られてませんが、落後者も多く存在します。 つまり、このように文盲率が日本に比べて、かなり大変高くあります。 結局は上と下ではやはり少なからず埋める事の出来ないほどの大きな溝と、悪く言えば差別に本当に近いような意味合いの見解の開きがあります。



身分の差が埋まっていること



長い人類の歴史で、生まれ持った階級や制度がないというのは、ここ直近の200年くらいのことなのでしょう。 何万年の中のたった少しですが、ここで何故急にそうなったかというとどうでしょうか。 一番の理由としては、これは地域間での食料やお金の武力抗争がここで減ったためだと思います。 それを考えてみると今でも世界中で確実には撲滅できずに武力が行使されているのはどうでしょうか。 これは結局はこうして生まれ持った階級のある伝統を持つ国王がいるところか、もしくは世界で起きる宗教紛争くらいです。



自由が奪うもの



しかし自由というのは難しく、何も存在しないので自分を確かに持つことができないと、右も左も分からなくなります。 長い人生もそうで、自分探しということになります。 結局は探しているのではないのです。 これを比較すると特に何をしてよいのかが分からなくなってしまっていると言える内容な訳です。 生まれた時に決められている人の方が最終的には成功することもあります。 分かりやすく言えば二世の政治家やスポーツマンなどがそれに相当します。

TOP