ボランティア活動について



本来のボランティアの意味や意義というものは、お金や見返りを求めることをしないで行う活動のことをいいます。 社会的にはそれは誰がどう考えてみても意味がある評価とは関係なしに良いことになります。 しかしそれは段々と日本だけでなく世界中で世間がいつのまにか個人主義にシフトします。 ここから変化しナチュラルな状態へ代わりつつあるからなのでしょうか、そして実際には昔は福祉というような言葉さえ日本には現在のような意味を持っては存在しないのです。 結局はこうした自然なナチュラルなものです。 例えば福祉をしているような職業であるようなお坊さんには、こうして皆が尊敬の意と報酬を当然のようにここでは与えていたのです。



自由と福祉活動の方向性



コミュニケーションが少ない核家族化が進み、血縁の中でも利害関係が生ずるようになり個々の主張が第一になりつつあります。 身分相応という考えがなくなりますが、これは誰もが束縛がなく自由だということは、ある面では一種の弊害にもなります。
当然のごとく誰もが、生まれてから誰もが自然と、ここでいつの間にか一番上の席のキングの王様を常時、自然と目指すことになっています。 福祉とはそういう競争とは超越した世界での働きを指しています。 人間の本来持つ根本的な良さというものがこのように実感することができます。
一つの外せないポイントや要点としては、やはり特に激しい熾烈な息を飲むような内容のデッドヒートのレースや競争に負けたものもあります。 やはり年老いたかたへはメンタル部分での癒しになります。 これは感謝へと自然といつのまにか当然のように季節と共に良くも悪くも最終的には移り変わっていくのかもしれません。

自由

ボランティア
募金
献血